how-to ワインの楽しみ方

ワイングラスの選び方
「特徴によってグラスを変える」

ワインは品種や産地などによって様々な種類がありますが、ここでは基本的なワインの 特徴やグラス選びをご紹介します。

白ワイン

白ワインは大きくわけて①スッキリ・ハツラツタイプと②まろやか・豊潤なクリー ミーなタイプにわけることができます。

①スッキリ・ハツラツタイプ

代表的な品種 ソーヴィニヨン・ブラン
特    徴 柑橘系の香り、ハーブの香り、酸味の強いワイン

おすすめのグラス:卵型のやや小さめのボールタイプ
リンゴ酸、クエン酸のすっきりとした味わいを楽しむには、温度の下がった状態で飲めるやや小さめのグラスがおすすめです。

製品

RN-13282CS

ワイン(デザイアー)
φ66×H216・M96mm 485ml
¥2,052(本体価格¥1,900)

赤ワイン

赤ワインは大きくわけて①エレガントな渋味控えめタイプと②骨格のある渋味しっかりタイプにわけることができます。 赤ワインの渋味は果皮の色素と渋味によるものですが、酸素を結合することで渋味も柔らかく感じることができます。 よって白ワイングラスより大ぶりなグラスがおすすめです。

①エレガントな渋味控えめタイプ

代表的な品種 メルロー
特    徴 甘い果実の香り、赤系ベリー、シナモンなど華やかな香り、明るい瑠璃色

おすすめのグラス:より酸味を感じやすい幅広なバルーンタイプがおすすめです。

製品

RN-13285CS

ブルゴーニュ(デザイアー)
φ72×H212・M110mm 725ml
¥1,782(本体価格¥1,650)

②骨格のある渋味しっかりタイプ

代表的な品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
特    徴 カシスやブラックベリー、黒コショウなどのスパイシーな香り、
タンニンのしっかりしたタイプ、黒味を帯びた濃い瑠璃色

おすすめのグラス:渋味があり濃縮感の強いワインは、空気との接触面積の広い大きめのグラスがおすすめです。

製品

RN-13283CS

ボルドー(デザイアー)
φ62×H255・M106mm 700ml
¥2,160(本体価格¥2,000)

スパークリングワイン

スパークリングワインは①スッキリ・さわやかなタイプと②コクがありボリュームのあるヴィンテージタイプにわけることができます。 基本的には縦長のフルート型のタイプがおすすめですが、近年では果実味がよりとらえやすい卵型のボール形状のグラスも推奨されています。

①スッキリ・さわやかなタイプ

シャンパンを冷やして酸味を楽しむのがおすすめです。
おすすめのグラス:フルートシャンパン(縦長タイプ)

製品

RN-10254CS

シャンパン(パローネ)
φ44×H227・M67mm 170ml
¥1,566(本体価格¥1,450)

②ボリュームのあるヴィンテージタイプ

複雑で果実味がふくよかなタイプ
おすすめのグラス:香りを引き出す、卵型のボール形状もおすすめ

製品

RN-13254CS

シャンパン(デザイアー)
φ45×H250・M73mm 240ml
¥1,944(本体価格¥1,800)

講師:松木リエビギナー向けワインセミナーより抜粋、編集

  • ムービー

    FINE CRYSTAL Movie▶

  • ムービー2

    ワインセミナーMovie▶

  • ニュース&トピックス
  • FINE CRYSTAL
  • レストラン開業ご準備
  • オンラインショップ
  • 東洋佐々木ガラス